10月16日(火)、石川県支部において、大規模災害に備えた、日赤石川県支部災害対策本部運営訓練を行い、石川県支部の職員をはじめ、金沢赤十字病院から災害医療コーディネートチームが参加しました。

訓練では、災害救護についての講義があった後、石川県加賀地方を震源とする地震が発生したという想定のもと、災害時に日赤石川県支部の活動拠点となる、災害対策本部を立ち上げる訓練を行いました。

今回の訓練で、現状の体制で不足していることや、改善点等について把握、検証するとともに、職員一人ひとりが自らの役割を再確認し、赤十字の一員として「いのちを守る」決意を新たにするきっかけとなりました。石川県支部では、災害対応力の向上を図るため、今後も定期的に運営訓練を実施する予定です。