「私たちは、忘れない。~未来へつなげる防災・減災プロジェクト~」は、今もなお、被災地で苦しんでいる人に想いを寄せると共に、災害で得た教訓や経験を生かし、将来起こりうる災害に対応する力を育んでいく活動です。

キャンペーン期間: 平成30年3月1日(木)〜 31日(土)

本プロジェクトの特設サイトは、こちら

石川県支部では、下記のとおりイベントを実施します。

1.防災・減災PRコーナー設置

金沢赤十字病院 (昨年度)

石川県支部、金沢赤十字病院、石川県赤十字血液センターの県内赤十字支部・施設で、防災・減災PRコーナーを設置し、来院・来所者に広く当プロジェクトをPRします。

期 間:平成30年3月1日() ~ 3月12日()
場 所:① 日本赤十字社石川県支部    (金沢市鞍月東)
    ② 金沢赤十字病院        (金沢市三馬)
    ③ 献血ルーム「くらつき」    (金沢市鞍月東)
    ④ 献血ルーム「ル・キューブ」 (金沢市袋町)
    ⑤ 石川県赤十字血液センター   (金沢市藤江北)
内 容:パネル展示、リーフレットの配布等

2.「救護服デー」実施

献血ルームくらつき(昨年度)

石川県支部、金沢赤十字病院、石川県赤十字血液センターや献血ルームで受付業務にあたる職員等が救護服(災害時に着用する日赤のユニフォーム)を着用し、災害救護団体としての日赤をアピールします。

実施日:平成30年3月9日(金)
場 所:① 日本赤十字社石川県支部     (金沢市鞍月東)
    ② 金沢赤十字病院        (金沢市三馬)
    ③ 献血ルーム「くらつき」    (金沢市鞍月東)
    ④ 献血ルーム「ル・キューブ」(金沢市袋町)

3.日赤職員、赤十字奉仕団員、赤十字協力企業によるピンバッジ着用

当プロジェクトをPRするため、下記のとおりロゴマーク入りのピンバッジを配付し、着用することとしています。

①県内の日赤職員 約500
②赤十字奉仕団員(ボランティア)約3,200
③赤十字協力企業 約300

4.市町等の日赤窓口でのPRポスター掲示

このプロジェクトを広く知っていただくため、市役所や町役場などの日赤の窓口でのPRポスター掲示を依頼しています。