1124日(日)、「ボランティア・リーダーシップ研修」を県赤十字血液センターで開催。

県内各地から赤十字ボランティア18名が参加し、リーダーシップを発揮するための知識や心得を学んだほか、地図を使って災害リスクを「見える化」する訓練(DIG)を実施しました。

また、「リーダー」についてのグループワークでは、個人の意見を引き出し、まとめながら目標や方向性を定めること、協調性や信頼関係を築く大切さなどが議論されました。

各団をどのように導いていくか、今後の活躍が期待されます。

 

赤十字奉仕団(ボランティア)についてはこちら