8月19日(水)、県内ユースボランティア15名が
「新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう!」をテーマにWeb研修を実施。
コロナ差別を学ぶとともに、身近な生活を振り返り、「自分たちにできること」を考えました。

参加者からは、「軽い発言でも誰かを傷つけるかもしれないと聞いてハッとした」という意見も。
研修で得た知識や「気づき」を、今後の活動に生かしていきます。